いつまでブラックリストに残ってしまうのか?結論から言うと状況によって当然変わりますが5年は見ておいた方が無難です。ただし今現在ブラックリスト入りしているかいないのか自分で確認出来ます。

ローンを飛ばしてしまった過去がある。昔自己破産してしまった。そういった履歴がリストに載っていることが理由でマイカーローンの審査に落ちてしまった。

でもブラックリストからは何年か経てば記録は消えるらしいと聞いたことがある。という方もいらっしゃいますよね?

このページではブラックリストを管理している信用情報機関を詳しく解説していきます。

信用情報とは

信用情報とは、クレジットカードや消費者金融・住宅ローンなどの信用取引と言われる取引の契約状況や返済履歴・支払遅延状況・利用残高などをデータのみの客観的な事実を表します。

※客観的とは、人種や宗教・思想は加味されない。

最近では、ネット通販でクレジットカードを使ったり、ローンを利用して自動車を購入する、携帯電話を分割支払いで契約するなどキャッシュを使わずに信用取り引きで支払をすること人が多くなっています。

現金を使わずに「個人の信用(期日を設定して明日以降に支払う約束をする)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

最近で最も身近な信用取り引きは携帯電話の分割払いです。
信用情報には、過去の信用取り引きに関する情報が記録されて加盟店は信用情報機関に参照出来るようになっています。

ブラックリストを管理する信用情報機関とは

信用情報機関とは、クレジットやローンの契約や申し込みの際に信販会社が過去の金融歴情報(信用情報)を確認することが出来る団体機関。

過去の取引履歴を登録した個人の信用情報を管理し、この信用情報はローンを扱うクレジット会社や消費者金融などが貸し倒れを防ぐために顧客の「信用」を判断すの参考材料として利用されます。

信用情報機関が必要な理由

貸す側も借りる側も保護出来るように信用情報機関が機能しています。

貸す側は貸し倒れを防ぐために個人の信用調査をする必要がありますし、借りる側も返済能力以上のお金を借りれなくすることが狙いとなっています。自己破産などを未然に防ぐ目的があります。

ですから過去に何らかの金融事故を持っている人はオートローンの審査にこの信用情報機関の情報を元に落とされているのです。

信用機関は1つだけでなく複数ある

ブラックリスト管理をしている団体が日本に1つだけだと全てのデータを全ての会社が見れるのでとても便利だと思うのですが、利権問題や各会社のパワーバランス等で今は主に3つの団体に分かれています。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)

    メインは割賦販売や消費者ローンのクレジット事業を運営する会社をなど
  • JICC(日本信用情報機構)信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など

  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)主に、銀行や地方農協、信用金庫など

このように大きくは3つに分かれています。

情報機関同士は情報の共有をしている?

ここでひとつ疑問に感じることは情報機関が分かれているならCICでブラックに載ってもJCICに加盟している信販会社ならローン審査にも通るのでは?という疑問です。

まず結論から言いますとCICでブラックでも別の機関JCICでローンに通らない可能性の方が極めて高いです。

なぜなら残念ながら分かれている信用情報機関同士はCRINというシステムを使ってお互いの情報を共有開示しています。

つまりCICでブラックリスト入りしているという事実がJCICに加盟している信販会社もわかるシステムが出来上がっているのです。

ただし共有は100%ではない

例外としてこのCRINで今日共有される情報は各団体で一致していませんのでJCICではブラックだがCIC加盟店で通るという可能性はあります。

例えば債務整理したという事実はJCICのみでしか参照されずCRINの共有項目ではないみたいです。ですからCIC加盟店は債務整理した事実はわからず審査を受けることが出来ます。

関連記事:ブラックでも通る自動車ローンはあるのか?誰でも通るオートローンは?

有名な会社は複数加盟している

共有される項目が違うなら過去の情報を隠してローンに通りそうだなとぼんやり思いつくのですがそう簡単には行きません。

私たちが知っている有名どころのローン会社のほとんどは3つともに加盟していたり2つに加盟していたりするので1つの信用情報機関の情報だけしか握っていないなんてことはまずないです。

チャレンジする価値はもちろんありますがあまり期待しない方が良いです。

それでも気になる方は情報開示請求を

CIC加盟のローン会社審査に落ちてしまったけどJCIC加盟のローン審査にもう一度チャレンジしてみたいという方がいらっしゃれば情報開示請求をするのも1つの手です。

今ではパソコン・スマホから簡単に情報開示が出来ます。
開示出来る項目は

  1. 氏名、生年月日、電話番号などの個人情報
  2. クレジットカードや過去のローン・消費者金融の個人の取引きに付随する情報(利用金額や残高など)
  3. お取引きから発生する情報(支払遅延、法的手続きの有無など)

ここで万が一身に覚えがない情報が登録されていた場合は調査を依頼することも可能です。
過去には同姓同名の別の人物のブラック情報が記載されていたなんてニュースもありました。

まとめ

最後に各団体で差異がありますがブラック登録されてから5年ほどでリストからは回復すると言われています。

そのタイミングが来てまだ疑わしかったら情報開示してみても良いかと思います。ただし情報開示した事実も信用情報として記録され不利になるという話もありますので慎重に行なうとこをオススメします。