突然の給与ダウンや怪我で仕事に行けなかったりする可能性もありますよね?そんなときもしも自社ローンの支払いが厳しく遅れてしまった場合はどうなるのでしょうか?

約束していた期日に振込が出来なかった場合どうなる?

何らかの理由で自社ローンの振込が遅れてしまった場合どうなるか?Yahoo!知恵袋を見てみると自社ローンを利用したことのない人が好き勝手言っていましたので訂正し詳しく解説していきたいと思います。

知恵袋には『自社ローン販売店はヤクザ経営なので激しい取り立てで追い込みを掛けられます』と書いてありましたがそんなことはありません

関連記事:→自社ローン経営は暴力団?ヤクザがバックにいるのか?

自社ローンの振込遅延のフロー

※注釈※当たり前ですがお店によって日数や対応は違うのでごく一般的な販売店を例にしております。詳しくは必ず契約前に遅延のフローについて確認することをおすすめします。

  1. 振込遅延発生
    翌日に電話にて振込漏れがあることの報告。その際にいつ振込が出来るか確認。(遅くても1週間以内を設定されることが多い)
  2. 設定日の遅延発生
    電話にて振込漏れの報告。もう一度振込設定日を最終設定する。(その際に振込漏れがあった場合は車の引き上げを報告)
  3. 最終日も遅延
    あらかじめ引き上げ用に作成していたスペアキーで車の引き上げを実行
  4. 引き上げた車の現金化
    売却までは購入者との交渉もあるので少し時間をおいてから売却する

如何でしょうか?少し厳しく見えますでしょうか?中には中古車の購入が初めての場合は引き上げするなんて!と思われる方もいるでしょう。

ですが、オリコやアプラスなどのオートローンに関しても振込遅延があった場合は車を引き上げます。自社ローン・オートローンに関わらず支払いが終わるまで所有権は購入者ではありません。

支払い段階ではお金を立て替えてもらっているという状況で遅延があるともろに損害を与えてしまっているのでいたしかたないかと思います。

例外の対応パターン

稀に支払いに遅れたが一ヶ月支払いをスライドさせてもらいました。来月に二ヶ月分の支払いをすることでまとまりました。という人がいるのですがはっきり言ってかなり例外の、親切な販売店かと思いますのであまり期待しない方が良いかと思います。

取り立てはされないのか?

答えはされます。でもありされませんでもあります。なにをもって取り立てと呼ぶのかがポイントでしょうか。

電話で振込遅延の催促をされただけで取り立てと感じる人もいますので感じ方は人それぞれです。ただし、もし本当に支払いが厳しくて振込が出来ない人に取り立てたところでないものはないですから車を引き上げるのが一番手っ取り早い対応です。

オートローンでも振込遅延があれば催促の電話もしますし車の引き上げの際には家にも来ます。これを取り立てと見なすかたもいらっしゃいます。

まとめ

いかがでしたか?支払いの遅延は自宅や職場に取り立てが来るというイメージを持たれていた方はイメージが変わりましたか?

販売店側の立場だと支払ってもらえる可能性の少ない人にしつこく催促するよりも、車を引き上げて現金化して損失を埋め合わせた方がよっぽど合理的なのです。