はじめて自社ローンで中古車を購入するときに気になるのは、自社ローンで中古車を購入することが法律違反ではないかどうかという点です。

なんとなくグレーなイメージがある自社ローン。
金利の問題や車の引き上げなどでなんとなく買っても大丈夫なのかな?なんていう悩みでもし自社ローンを利用するチャンスを逃す人がいるならもったいないのでこちらも解説しておきます。

自社ローンは法律違反ではありません

結論から言うと自社ローンで中古車を販売する行為は法律違反ではありません。安心して下さい。

元々自社ローン元をただせば居酒屋での飲み代を一時店舗が立て替えて後日返すツケ払いのようなものです。正式には割賦販売(自社割賦)と呼ばれるのですが中古車業界では自社ローンと呼ばれています。

美容業界でも高額なエステ等では自社ローンが利用されていることも多いので自社ローンで販売することや購入することは法律違反には当たりません。

こんな中古車販売店は法律違反だから気をつけろ

とはいっても自社ローンであれオートローンであれ法律に決められた範囲外の販売をすると法律違反となります。

例えば

このような販売店では絶対に購入しないことをオススメします。特に自社ローンの場合、支払い終わるまで販売店との付き合いは続きます。

お互い気持ちよく後ろめたさがある関係は良くないですからね。

まとめ

自社ローン自体は違法ではありませんが、支払いを過去に飛ばしたことのある方が支払い出来なくなったりして販売店とトラブルになることは実際にないとは言い切れません。

ですからしっかり法律に則った運営をしている自社ローン対応店で購入して下さい。