自社ローンを購入したけど奥さんに相談したところキャンセルしろ!と言われた方から相談のメールが届きましたのでそういった場合どうするべきか?何を確認するかを説明していきます。

自社ローンを途中でキャンセルしたい!

  • 購入直後にやっぱりキャンセルしたい場合
  • 支払い途中に車の必要がなくなってキャンセルしたい場合

購入直後にやっぱりキャンセルしたい場合

購入直後に誰かの反対にあってしまいキャンセルせざるを得なくなるとき。自社ローンに限らずオートローンでも一定数こういった話はあります。

理由はだいたい衝動買いで決めてしまい家族の反対にあったりし、焦って販売店にキャンセル出来るかどうか電話するパターン。

まず、商品のキャンセルには有名なクーリングオフという制度があります。
クーリングオフとは、商品やサービスの契約をしても契約を無条件で解除できる制度で商品によって決めりはありますが契約後8日から20日までキャンセル可能です。

ただし、中古車はクーリングオフ対象外となっています。

原則クーリングオフが適応されるのは訪問販売やネット通販などで中身をしっかり確認出来ない商品に限られています。
例)教育商材や布団など

今の時代、現車を見ずに中古車をネットだけで購入する人が増えてはいます。ですが法律上は『普通、中古車を買うためには現車確認して吟味後に購入した』と見なされるため中古車のクーリングオフは対象外となっています。

キャンセルが可能なパターン

クーリングオフは適応出来ませんが、もし契約が成立をする前でしたらキャンセルが可能です。

中古車における契約が成立する条件

    1. 車両の納車がされた日
    2. 使用者として名義登録が完了した日
    3. 注文者の依頼により修理・改造・架装に着手した日

の3つのうち最も早い日を契約成立日とすると日本中古自動車販売協会連合会「標準契約約款の特約事項」に記載されています。これがJU加盟店の取り決めです。

その為、仮に契約書で購入を販売店で記入したとしてもキャンセル出来る余地はあります。販売店に実損がなければ問題なくキャンセルに応じてくれる販売店もあるでしょう。

実損が出るケース

  • オークション代行によって既に落札している
  • 修理などすでに持ち出し費用が発生している

仮審査に通った時点でキャンセル程度なら問題なくキャンセル可能です。

手付け金を支払ったけど・・・返ってくる?

口約束だけで手付金も払っていない契約後のキャンセルは意外と何も無く応じてくれたりし話がこじれることもあまりありません。ただし、この手付け金を既に支払ってしまったというのがトラブルの元になりやすいケースです。

中古車に限らず高額な商品を買う場合は手付金・申込金を支払うケースがよくあります。

  • 原則として手付金はキャンセル時に返金はされません
    →支払うタイミングは契約時
  • 原則として申込金はキャンセル時に返金されます(販売店に実損がない場合に限る)
    →支払うタイミングは契約前

仕入れや修理の原価が大きな出費になる為、中古車販売店では申し込み時や前に手付金・申込金を貰っているところが多くあります。

本来の手付金と申込金の意味の違いは

  • 手付金
    手付金は契約の際に購入の意思を示すためのもので購入者都合のキャンセルの場合は全額キャンセル料に当てられます。
  • 申込金
    契約前に中古車を他に流れないように借り押さえする意味で支払います。契約前のキャンセルだと返金されることがあります。

ただし上記の通り手付金が返ってくるか来ないかははっきり言って販売店の対応によります。理由は、手付金・申込金の概念が統一されていないまま色んな販売店も使用しているので上記のような対応になるかが販売店によって異なるということです。

ポイント

契約前にキャンセル時の返金対応をしっかり確認する必要があります。説明が曖昧な場合絶対に書面にて明記してもらうようした方が懸命です。

合わせて当たり前ですが契約の中身を確認せず契約はやめましょう。契約書は中古車を扱う専門家でも難しい言葉が羅列されていますので文面で全て理解することは難しいです。

必ず押さえておきたいポイントは言葉にして説明してもらうようにオススメします。

支払い途中に車の必要がなくなってキャンセルしたい場合

自社ローンの支払いが終わっていない段階で車を持つ必要が無くなったりした際に自社ローンのキャンセルは出来るのでしょうか?

結論から申し上げますとローン途中のキャンセルに対して販売店と特別な契約をしていない限りキャンセルすることは出来ません

これはオートローン・自社ローンともに同じです。ローン契約と言っても車体価格を分割しているだけなので全額支払う義務が生じます。しかも途中で車を売却する場合一括で返済する義務が生じます。

途中キャンセルで負担を減らす方法

負担を減らす方法はただ1つといっても過言ではありません。それは車を売却する時に1円でも高く買い取ってもらうことです。

とてもシンプルなことなのですが一番重要です。というのもオートローンも自社ローンも支払いを終えるまで所有権は自分ではありません。

所有権が自分でない時は車の売却を勝手にすることは出来ないので、一括で車の残債を支払って所有権解除してもらう必要があります。

その際に負担の少ないようなるべく高額で買取をしてもらい残債に当てるのが良いのですがローンの途中だとお金に困っているという想像ができて値踏みしてくる買取店も多いので気をつけて下さい。

ポイント

そういったケースもあるので買い取りしてもらうときは1つの店舗に出すのではなく一括見積もりを利用すれば見積もりで一番高値で買い取ってくれる買取店でお願いするのが良いでしょう。