過去に債務整理を経験した人が新しく車のローンを組もうとした時に気になるのが、債務整理経験者が車のローンを組む事が出来るかどうかです。

よくご質問を頂く内容ですのでまずは結論から申し上げます。債務整理をご経験した後でも車のローンを組む事は可能です。

ではタイトルにもある通りどのようにして2つの方法で車のローンを組むか紹介していきます。

まずは債務整理の規模や経過年数に関係なくどなたでも車のローンを組む事が出来る自社ローンを紹介します。

自社ローンでは債務整理経験者もローンが組めます

債務整理を経験していても年数関係なく自社ローンの審査を受ける事が可能です。

車のローン審査になんらかの事情で通らない人に対して、自社ローンのサービスは運用されています。その中には学生だからなど年齢の問題でローンに通らない人から、過去のローン飛ばしでローンに通らない人など様々です。

債務整理経験者(任意整理・民事再生・自己破産)は新たにオリコなどのローン会社でローンを組む事が出来ません。信用情報機関に過去の金融事故履歴が掲載されており、ローンが通らないのです。

そんな方のために自社ローンがあります。自社ローンを採用している多くの販売店では、現在定期的な収入があれば自社ローンの審査が通る可能性が非常に高いため定職に就いていたり、年金等を受け取っていれば安心して審査を受ける事が出来ます。

以上が1つ目の方法、自社ローンで中古車を買う方法でした。自社ローンでは過去の金融事故履歴関係なく、現在の安定度が審査基準となります。

自社ローンをお探しの方はこちらから在庫が確認できます。

債務整理経験者でも5年経てばオートローンが通る可能性あり

債務整理経験者でも信用情報機関からデータが消えればローンを組む事も可能です。

自社ローン対応店にどうしても自分の好みの車がない場合もありますよね。キャッシュで買えないそんな時はどうしてもオートローン会社を利用しなければなりません。

ローン会社は様々な角度からローンの審査を行ないますが重要な項目の1つに過去の金融事故歴があります。その中でも債務整理経験というのはローン審査においては最悪だと言えます

しかし、債務整理は5年でブラックリストから消えるという噂があります。よって5年後にはローン審査を受けれます。当然その間に新たな金融事故があってはいけません。

自分が信用機関上のリストでどのように表示されているか知りたい方は、開示請求する事も可能です。詳しくはこちらのページでどうぞ。
▶︎信用情報機関について

まとめ

まず自分自身がブラックリストに載っているのかどうかを確認したい場合は情報開示請求をおすすめします。

そこでブラックリスト入りしていても自社ローンでも購入は出来ますのでご安心ください。