自社ローンのよくある質問に自社ローンを経営している販売店は暴力団絡みなのではないか?とよく聞かれます。
実際にYahoo!知恵袋にもよくそんな質問が上がっていますね。

自社ローンを踏み倒した場合、ヤクザが取り立てに来るのじゃないか?と不安な方が質問をしていると思います。

関連記事:→自社ローンの支払いが遅れるとどうなる?やばい?

見分け方もしっかりこのページで解説していきます。

 

自社ローン販売をしているお店の経営は暴力団がバックにいる?

答えから言うと自社ローン販売をしているほとんどの中古車屋さんが最近までオートローン販売だけを取り扱っていた普通の中古車屋さんです。

昨今の自社ローンの需要が増えたことになんとかそういった人にも販売出来ないかと自社ローンの取り扱いを始めた方ばかりです。

ただし自社ローンを謳っているお店が100%そうかというと、どの業界にもヤクザのフロント企業のような会社があるように可能性は0には出来ません。

そこで簡単に問題ない販売店かどうかを見分ける方法を記述していきます。

反社会勢力かどうかの見分け方

  • グーネットやカーセンサーネットに掲載しているかどうか
  • 古物商所得ナンバー検索
  • 過去の口コミ検索

グーネットやカーセンサーネットに掲載しているかどうか

今日本で中古車を探す時に用いられている情報サイトは大きく2つとなります。だいたいの中古車販売店は両方に掲載しているかどちらか一方に掲載しているかが大半となります。

最近では上場企業として商業を行なう上でコンプライアンス強化がかなり徹底されています。新規契約はもちろんのこと既存の契約販売店にも反社会勢力ではないとの誓約書を貰ってきていますので掲載しているお店は安心して利用が出来ます。

関連記事:自社ローン見積もりから来店まで!購入までの流れ

古物商所得ナンバー検索

中古車を売買するには必ず古物免許を販売店が保有しています。各都道府県の公安委員会は古物のナンバー照会等出来るようなシステムがあります。

万が一古物取得者と会社運営者の名前が違う等怪しいものがあれば利用を控えることをオススメします。

過去の口コミ検索

カーセンサーやグーネットには口コミを投稿出来る機能があります。サクラが0だとは言い切れませんが1つの端末から1回しか投稿出来ないようにはなっていますのである程度数満足な評価を貰えているところから購入したいですね。

長くお店をやっていることがトラブルの少ないことの指標になるかと思います。

まとめ

自社ローンは皆さんもし支払えなくなればどうなるか?を考えた時に厳しい取り立てがあるのでは?と考えるようですが、ローンを支払えなくなった場合はオートローンと流れは同じで

  1. 電話催促
  2. 電話催促(2回目)
  3. 車の引き上げ予告
  4. 車の引き上げ

になるので支払えないものに対して現金を回収するということにはなりません。上記対応は細かくは販売店によって異なりますので契約前に確認御願い致します。

関連記事:→自社ローンの支払いが遅れるとどうなる?やばい?

自社ローン販売店は、もちろん全額最後まで支払える人に審査を通します。最悪支払い不能になった人が出れば車を引き上げて損切りできるように契約設定しているところが多いです。

暴力団関係の販売店では絶対に自社ローンはもちろんのことオートローンでも購入はしたくありませんよね。

自分だけでもある程度お店の状況は検索すれば出てきますので評判なり口コミを調べましょう。